けんのすけぶろぐ

体験、経験に基づいた色々をご紹介!

声紋を指輪、ネックレスに! | プレゼント、ギフト、お祝いに最適!

 声紋の形状を指輪やネックレスにすることが出来るサービス"Encode Ring(エンコードリング)"を利用して、母親への還暦祝いに感謝のメッセージをプレゼントしました!

 

f:id:kennosukemiura:20180623003651j:plain

 

Encode Ring

 Encode Ringが提供しているのは、声の波形"声紋"を指輪やネックレスの形状にすることができるサービスです。特許を取っているようで、2018/6現在ここでしか作れないそうです。

encodering.com

 

値段

 Coating Ring(表面のメッキ加工)の指輪でしたら12,960円で購入可能です!一方で金やプラチナですと10万円を超えます。

 僕はピンクゴールドのネックレス54,000円を購入しました!

 

購入フロー

 下記に簡単にフローを記載します。本当に手軽に購入が出来て驚きました!

  1. Webサイトで購入する商品を選ぶ。

    Encode Ring - 声で作る、世界に一つのオーダーメイドメッセージリング

  2. Webサイト上、又はEncode RingのLINE(Webサイトから友達になれます!)に
    3秒間の音声を送ります。
    僕は面白そうだったのでLINEで自分の声を送ってみました!
    f:id:kennosukemiura:20180623003112j:plain
  3. 支払い。クレジットカードで可能でした。

とても簡単ですよね?笑

 

感想

 友人に紹介されたこのサービス、アイデアに感動して知った2日後に購入しました。ちょうど母親の還暦誕生日が1週間後に迫っていて、通常は注文から届くのに20日かかるそうなのですが、特別に6日で対応して頂き、無事母親にプレゼントすることが出来ました。

 ちなみに恥ずかしいですが、僕から母親へのメッセージは

f:id:kennosukemiura:20180623004443p:plain

「26年間、ありがとう。」

 

www.kennosuke-blog.com

 

格安SIM(スマホ)でのLINE年齢認証の方法

 LINEやLINE@の年齢認証は3大キャリア(KDDI、docomo、SoftBank)を契約していないと利用できません。つまりJ:COMやUQ Mobileの様な格安SIMを利用している場合、年齢認証が出来ずLINEの機能が制限されてしまいます。

f:id:kennosukemiura:20180618230001j:plain

 そんな時、格安SIMを利用していても年齢認証が出来る裏技があります。

 

 それは、、、

 

 3大キャリアを契約している友人にSIMカードを借りてスマホに差し込み、その状態でLINEの年齢認証を行う。です。笑

 僕はこれで実際に年齢認証を突破しました!是非ご活用下さい。 

www.kennosuke-blog.com

Braveダウンロード方法 | 広告をブロック(削除)できるブラウザ

 Brave(ブレイブ)とは、Google ChromeやInternet Explolerと同じパソコンのブラウザの一種です。

f:id:kennosukemiura:20180519190333p:plain

 従来の広告ブロック(削除、消す、表示させない)の方法は、パソコンならばGoogle Chromeの拡張機能などでブロックする、スマートフォンならばAd Block専用のアプリをインストールしたりする方法でした。

 しかしこれらは全てブラウザやWebメディアの意向に背いて強引に広告を排除している方法になります。よってGoogleやMicrosoftが広告ブロックをしているユーザーにはサイトを見せなかったり、場合によっては広告ブロックを開発している人に法的手段を取って辞めさせたりしています。

 

 しかしBraveブラウザを用いれば、安心して広告をブロックできるのです!
理由はBraveはそもそもWebメディアの広告収益に頼り切った収益モデルを"投げ銭による収益モデル"に変えようとしているからです。

 簡単に説明すると、Braveはサイトの読者が「このサイトいいな!」と思ったら数円単位でサイト管理者にお金を支払うことが出来る仕組みを仮想通貨BAT(Basic Attention Token)を用いて実現させたのです。

 もちろん読者は一切お金を支払わなくてもサイトを閲覧し放題という状況になります。特に今までサイトを読むことにお金を支払ったことが無い人にとって、いきなり数円とは言えお金を支払うことには抵抗があると思いますし、僕もそれで良いと思っています。
(個人的には近い将来、投げ銭が当たり前になる世界はくると思っていますが!)

 

 下記にそのBraveブラウザのインストール方法をまとめましたので、参考にして下さい!

続きを読む

しょっぱい体験 | J:COMがWiFiルーターと格安スマホ(SIM)の営業に来た。

 2018年3月、J:COMが家のWiFiルーター契約の営業に来ました。

「jcom」の画像検索結果

 

 ご紹介頂いたWiFiルーター契約に魅力は感じなかったし、ネットの評判も悪かったので断ろうと思ったのですが、格安スマホの契約がセットでお得に出来ると言われて契約することにしました。

 契約してから一週間後に業者さんがやって来て下さり、WiFiのルーターは問題なく切り替えることが出来ました。(前のルーターの解約手数料はかかったし、特別通信環境が良くなった気もしませんが。まぁ期待していなかったのでOKかなと。)

 

 問題は格安スマホ(SIM)でした。

 

 僕はauのiphone7を約半年間使用していたのですが、契約してから二週間後に格安SIM担当のJ:COMのお兄さん(以下、J:COM兄さん)が家まで来てくださり、その場で一緒にauの157に電話をして解約手続きを行いました。
 面倒なMNP番号の取得なども一緒に行えて安心だったので、この時点ではJ:COMが凄く高評価でした!!

 その後、J:COM兄さんは

「後日SIMカードが届きますので、手順書に従って差し替えよろしくお願いします!

と言って爽やかに立ち去って行きました。

 

 後日、J:COM兄さんの言った通りSIMカードが届いたので、同封されていた手順書に従ってSIMカードの切り替えを行ったのですが、切り替えた途端iphone7が何も出来ない状態(下記)になってしまいました。。

f:id:kennosukemiura:20180406183321p:plain

 色々試してみたのですが解決できず、J:COM兄さんに相談したところ、一週間後にまた家に来て下さいました。それまでの間は仕方なくau契約時のSIMカードで過ごしました。
(つまり僕は一週間4Gに繋がらない、電話も出来ないiphone7と過ごしたのです。。)

 

 J:COM兄さんに色々調べてもらった結果、僕がSIMロック解除という手続きを行っていないために新しいSIMカードをiphoneが受け入れてくれないという事が分かりました。(これが発覚するまでに約1時間かかりました・・・)

 

 ちなみにJ:COM兄さんの提示した原因の仮設として「スマホ契約から半年がたっていないため、格安SIMを受け入れないのでは?」というのが最初に浮上してきて焦りました。

 これは僕も知っていたことなのですが、スマホをauで契約した後に格安スマホに乗り換える場合、au契約から半年以上が経過している必要があるのです。僕はてっきりJ:COMからSIMカードが届いているし、auの157に対しても「格安スマホに乗り換えるので契約を解除したい」という旨を伝えていたので、僕が今のiphone7を購入したのは半年以上前の話だと思い込んで安心していたのです。

 この仮説が有力だった段階で、「その場合僕はどうしたら良いのでしょうか?」とJ:COM兄さんに聞いたところ、「契約から半年経過するまで、知人から使っていないiphone6S以降の機種を貰って格安SIMを差し込んで対応しましょう!」と提案されました。

 あまりの代替案のセンスの無さに僕は絶句してしまいましたが、結局半年間ルールは現在は無くなっていることが発覚したので間一髪大丈夫でした。

 

 結局SIMロック解除を僕がしなかったことが原因と分かり、僕はてっきり自分が手順書の内容を読み飛ばしたため発生してしまった事象だと思ったので、J:COM兄さんに謝罪をしながら再び手順書を読み返したのですが、やはり手順書のどこにもSIMロック解除の話は出てきていませんでした。

「あれ、手順書にSIMロック解除の手続きに関する記載が無いと思うのですが?」

とJ:COM兄さんに聞いたところ

「手順書は難しく、いつもお客さんに『一緒に手伝って!』とお願いされるので、自宅まで訪問して一緒にSIMカードを差し込んだり初期設定を行ったりするので、その際自分がSIMロック解除をやってしまうんですよ!だからこういった事象は初めてですね・・・」

と言われてしまいました。
 個人的には「じゃあ何のための手順書なんですか?!?!そもそもそのスタイル、人件費の無駄過ぎません???」と思ったのですが黙っていました。

 

 その後J:COM兄さんに教えてもらったのですが、SIMロック解除は、auとの契約が続いている段階、または契約解除から一定期間後にwebサイト(下記)から実施するか、auショップに自ら赴いて実施することらしいのですが、auショップにお願いをすると3240円費用がかかってしまうそうなのです。(webサイトだと無料)

www.au.com

 auと契約を切って一定期間が過ぎてしまった今、僕にはauショップに行って3240円支払う選択肢しか無いそうなのですが、冷静にauに3240円を払うのも嫌だったのでJ:COM兄さんに

「なんとかなりません?」

と聞いたところ、J:COM兄さんは

「分かりました、ちょっとauサポートセンターに聞いてみます!」

と言ってその場でauサポートセンターに電話をしてくれました。(頼もしい!)

 電話の結果、3240円かかるというのは古い情報で、今は無償で対応してくれる。ということ情報を得て下さり、電話口の人の名前もメモをしてくれ、

「auショップに行ってSIMロック解除手続きを行ってみて下さい!もしお金がかかるようだったらauサポートセンターの〇〇さんが無償と言っていたと言ってみて下さい!」

と言いながら〇〇さんの名前の書いてあるメモをくれました。

 

f:id:kennosukemiura:20180406185532p:plain

 

 しかし数時間後、J:COM兄さん流石だな~と思いながら一人でauショップに赴いてSIMロック解除をお願いしたところ、3240円かかると言われてしまいました。

 ここぞとばかりにJ:COM兄さんの指示通りauカスタマーサポートの話をすると

「あ、それはauカスタマーサポートのミスですね。」

と言われてしまいました。
 でも〇〇さんに無償と言われたので、そちら側で確認を取って頂けませんでしょうか?とお願いしてみたところ

「あ、我々auショップとauカスタマーサポートは管轄が異なりますので直接連絡を取ることが出来ないんですよ~」

と言われてしまいました。(完全に自分は関係ありませんよ!という感じでした。)

 結局スマホがこのまま4Gも繋がらず、電話も出来ないままでいる訳にもいかないので渋々3240円をauショップに支払って、無事に格安スマホに乗り換えることが出来ました。

 

  その後、無事に愛しのiphone7で4Gは使えるようになったのですが引き続き電話が出来ません。

 それはそれで困ったのでJ:COM兄さんに再び相談したところ、このトラブルはJ:COM兄さんの管轄では無いそうでJ:COMサポートセンターの電話番号を教えて下さったので電話して聞いてみました。

 すると

「原因が分からないので再びSIMカードを抜き差ししてみて試して下さい!それでも駄目だったら新しいSIMカードを発行致します。」

と言われました。

 結局SIMカードの抜き差しを行うのを忘れたまま2日後に自分のiphone7が電話出来ない状態なのを忘れて電話をしてみたら何故かつながりました。

 絶対にこの2日間の間にJ:COM側で何か設定変えたでしょ!!!と思いましたが、やっとネットと電話が使えるiphone7に蘇ったので特にJ:COMに文句を言うことも無くiphone7をギュッと握りしめました。

Guardian 最悪の体験談 | Aerial Partnersの仮想通貨確定申告サポートの評判

  仮想通貨で年20万円以上の利益を得た場合に確定申告を行う必要があります。

 仮想通貨の損益計算は、特に複数の取引所を使ったり、ICOに参加している場合は非常に複雑になってしまい、なかなか自分で金額を算出出来ません。(僕も挫折しました・・)

 

 

 そんな仮想通貨による確定申告による悩みを一掃してくれるサービスを提供しているのがGuardianです!

jp.techcrunch.com

 言ってしまえば、仮想通貨による確定申告に必要なもろもろを全て代行してくれるサービスです。

 実際に僕自身が2018年に利用してみましたのでその体験談を下記に記します。結論から言うとかなり酷いサービスでしたので利用はお勧め出来ません。

続きを読む

買ってみた!|DIESEL ON タッチスクリーン スマートウォッチ-ディーゼル

けんのすけです!

 

 無骨なデザインに多様なウォッチフェイス(文字盤)へのカスタマイズが可能なことで有名になり、売り切れ続出だったスマートウォッチ「DIESEL ON タッチスクリーン スマートウォッチ」を買ってみました!

 

  • デザイン
  • 時計盤のカスタマイズ
  • その他面白い機能

 

続きを読む

BOSE SoundSport Free wirelessのアップデート方法

けんのすけです!

f:id:kennosukemiura:20171107201633j:plain
BOSE | SoundSport Free wireless headphones

 BOSEの完全独立型のBluetoothイヤホンSoundSport Free wireless headphones(サウンドスポーツ フリー ワイヤレス ヘッドホン)のアップデート方法をご紹介します。下記不具合が生じた時に是非お試しください。

 

  1. 音楽再生中に接続が切れるようになった。
  2. 最初の接続がなかなか繋がらない。
  3. 片耳(特に左耳)が聞こえない。
  4. スマートフォンアプリだと接続と表示されているが、実際には接続されていない状態になる。
  5. 音が急に小さくなる。

 

続きを読む

RuDEX|ロシア発の仮想通貨取引所の開設方法

けんのすけです!

 

f:id:kennosukemiura:20180128184610p:plain

 ロシア発の仮想通貨取引所RuDEXの開設方法をまとめました。RuDEXは取り扱い通貨数は多くは無いですが、ここでしか扱っていない超マイナーな通貨もあるので、下記リストにある仮想通貨を購入したい人は開設を試みてはいかがでしょうか。

f:id:kennosukemiura:20180128180825p:plain

 

RuDEX開設手順

 まずはこちらをクリック。

 

すると下記キャプチャと同じ画面が出てきたと思いますので、右上をクリックして英語表記に直しましょう。

f:id:kennosukemiura:20180128181348p:plain

 

START TRADINGをクリック。

f:id:kennosukemiura:20180128181003p:plain

 

Create Accountをクリック。

f:id:kennosukemiura:20180128181010p:plain

 

GENERATED NAMEをコピーしてメモにでも張り付けておいてください。

f:id:kennosukemiura:20180128181016p:plain

 

ACCOUNT NAME(なんでも良い、ニックネームのようなもの)とCONFIRM PASSWORD(パスワード)を埋めて、チェックボックスを全て埋めたらCREATE ACCOUNTをクリック。

 

するとメールアドレス登録画面が表示されますので、登録して下さい。直後にメールが届きますので、記載されているリンクをクリック。

f:id:kennosukemiura:20180128182052p:plain

 

すると再度下記画面に飛びます。再びSTART TRADINGをクリック。

f:id:kennosukemiura:20180128181003p:plain

 

今度はLoginをクリック。

f:id:kennosukemiura:20180128181010p:plain

 

すると下記Dashbordページに遷移します。続いてBTCをRuDEXに送金するにはBIT RUBLE:BTSをクリック。(RuDEXではこのBTSが基軸通貨になっているので)

f:id:kennosukemiura:20180128182812p:plain

 

画面中央にあるBuy BTSをクリック。

f:id:kennosukemiura:20180128183031p:plain

 

送りたいBTCの枚数をSENDに入力し、下部のアドレスを用いて送金すれば完了です。

f:id:kennosukemiura:20180128183643p:plain

 

Publicaの購入方法|出版業界にメスを入れた仮想通貨

けんのすけです!

f:id:kennosukemiura:20171228213402j:plain

 出版業界に革命を起こすかもしれない仮想通貨Publicaの購入方法をまとめました。

 Amazonの自費出版も素晴らしいサービスですが、Publicaは

  1. 手数料が取られない
  2. クラウドファンディングで資金調達ができる
  3. 売り上げの一部をクラウドファンディングの支援者に自動で分配できる
  4. 書籍の値段を一冊ごとだけでは無く、読んだページ数単位でも設定できる
  5. ブロックチェーンなので作者の著作権が守られる

以上が優れていますね。個人的にはとても注目しています!(Publicaって何?という人は下記を参照して下さいね!)

 

www.itmedia.co.jp

 

このブログの大まかな流れ

 Publicaのトークン"PBL"を購入できる仮想通貨取引所は国内にはありません。現時点で購入できるのはニュージーランド発のCryptopiaのみです(2017/12時点)。

 Cryptopiaで仮想通貨を購入するには、別の取引所からBitcoinなどの仮想通貨をCriptopiaに送金する必要があります。仮想通貨取引所を持っていない人は、手っ取り早く国内取引所のBitflyerCoincheckZaifあたりを開設して送金することをお勧めします(個人的には手数料の安いZaifをお勧めします)。

 なお、Cryptopiaは本人確認や二段階認証を行わなくても開設が出来てしまう取引所です。つまりセキュリティ面を考えると正直不安な取引所です。将来的にPublicaが別の取引所で扱えるようになった場合、日本語対応されている海外の取引所中ではBinanceBIT PLUS(近日ローンチ予定)が取り扱い通貨の種類が多く、扱う可能性が高いので、現段階で開設しておいても良いかもしれません。

 このブログでは仮想通貨を買ったことが無い人でも一気にPublicaを購入できるようにと思い書きました。ですので仮想通貨を始めて扱う人は最初から順々に呼んで頂き、既に取引所を開設している人は必要な部分から読み始めて頂ければと思います。

 

 

 ※ご自身に必要なパート以外はどんどん読み飛ばして下さい!

 

Zaifの開設

※既にどこか国内の仮想通貨の取引所を開設済みの人は飛ばして下さい

 まず下記リンクからZaif取引所を開設して下さい(開設には運転免許証かパスポートの写メが必要になります)。

 

Zaif公式

 

手順

 (PCの場合)画面右上の「無料会員登録」をクリック。f:id:kennosukemiura:20171228190626p:plain

「メールアドレス」に自身のメールアドレスを入力後「登録」をクリック。するとZaifよりメールが届くので、指示に従いZaif取引所を開設。

f:id:kennosukemiura:20171228190814p:plain
※実際に取引が出来るようになるには、Zaifからの本人確認用の郵送物を受け取る必要があるので数日かかります。

Zaifへの入金

※既にどこかの仮想通貨の取引所を開設済みの人は飛ばして下さい

 本人確認終了後、Zaif画面トップの上にある「入出金」をクリック。f:id:kennosukemiura:20171228190827p:plain

 入金金額を入力後、「ペイジーによる手続きを開始する」をクリック。その後支持された銀行口座に日本円を入金する。

f:id:kennosukemiura:20171228191306p:plain

 

ZaifでのBitcoinの購入

※既にどこかの仮想通貨の取引所を開設済みの人は飛ばして下さい

 はじめての人はZaifトップ画面の「簡単売買」をクリック。 

f:id:kennosukemiura:20171228192155p:plain

 

 その後「Bitcoinの数量」と「日本円の設定金額」を入力して、「Bitcoinを買う」をクリックすればBitcoinの購入が完了です!

f:id:kennosukemiura:20171228193045p:plain

 

 

Binanceの開設

※既にBinance取引所を開設済みの人は飛ばして下さい

  まず下記リンクからBinance取引所を開設して下さい)。

 

 Binance公式

 

手順

 まずは言語設定を日本語にしましょう。画面右上の国旗マークから日本語をクリック。次に画面中央上の「アカウントを作成します」をクリック。

f:id:kennosukemiura:20171228193840p:plain

 

 メールアドレス、任意のパスワードを入力して「登録」をクリック。

f:id:kennosukemiura:20171228193846p:plain

 パズルをカーソルで穴の部分に合わせます。

f:id:kennosukemiura:20171228193852p:plain

 

 するとBinanceよりメールが届きますので、「Verify Email」をクリック。

f:id:kennosukemiura:20171228193859p:plain

 

「ログイン」をクリック。

f:id:kennosukemiura:20171228193905p:plain 
 

ZaifからBinanceへのBitcoinの送金

※既にBinanceにBitcoinかLitecoinかDogecoinを保有している人は飛ばして下さい

 ではZaifからBinanceへBitcoinを送金してみましょう。Zaif管理画面から「アカウント」→「入出金と履歴」→「BTC」→「出金」の順にクリックして下さい。

f:id:kennosukemiura:20171228195600p:plain

 

 次にBinance管理画面にて「資産」→「預金の引き出し」→「BTC」→「預金」の順にクリックして下さい。

f:id:kennosukemiura:20171228200129p:plain

 

 すると「BTC預金アドレス」が表示されますので、こちらをコピーして下さい。

f:id:kennosukemiura:20171228200422p:plain

 

 Binanceでコピーした文字列を、Zaifの「出金アドレス」に貼り付けて下さい。その後「出金金額」を入力して最後に「出金」をクリックして下さい。

f:id:kennosukemiura:20171228195759p:plain

 以上でZaifからBinanceにBitcoinの送金が出来ました!しかしBitcoinの送金は日に日に遅くなっており、私は最長2日間待たされたこともあります・・・

 最短でも10分はかかりますので、ここら辺で一度休憩を入れることをお勧めします!

 

Cryptopia取引所の開設

※既にCryptopia取引所を開設済みの人は飛ばして下さい

 まず下記リンクからCryptopia取引所を開設して下さい。

 

Cryptopia公式

 

 トップ画面右上の「Register」をクリックして下さい。

f:id:kennosukemiura:20171228203325p:plain

 

 名前、メールアドレス、パスワードを入力して「Register」をクリックして下さい。

f:id:kennosukemiura:20171228203335p:plain

 

 この後にメールが届きますので、メール文にある「Verify My Email Address」をクリックして下さい。そしてもう一度トップ画面に来て、画面右上の「Balances」をクリックして下さい。

f:id:kennosukemiura:20171228204446p:plain

 

 「Bitcoin」を検索機能を活用して見つけて、左側にある「Deposit」をクリックして下さい。

f:id:kennosukemiura:20171228204451p:plain

 

 そして表示されたDeposit Addressの文字列をコピーして下さい。

f:id:kennosukemiura:20171228204456p:plain

 

ZaifからCryptopiaへのBitcoinの送金 

※ZaifからBinanceへのBitcoinの送金と手順は同じです。

 ZaifからCryptopiaへBitcoinを送金してみましょう。Zaif管理画面から「アカウント」→「入出金と履歴」→「BTC」→「出金」の順にクリックして下さい。

f:id:kennosukemiura:20171228195600p:plain

 Cryptopiaでコピーした文字列を、Zaifの「出金アドレス」に貼り付けて下さい。その後「出金金額」を入力して最後に「出金」をクリックして下さい。

f:id:kennosukemiura:20171228195759p:plain

 以上でZaifからCryptopiaにBitcoinの送金が出来ました!

 

BinanceからCryptopiaへのBitcoinの送金

 BinanceからCryptopiaへBitcoinを送金してみましょう。Binance管理画面から「資産」→「預金の引き出し」→「BTC」→「お引き出し」の順にクリックして下さい。

f:id:kennosukemiura:20171228205829p:plain

 

 「アドレス」にCryptopiaでコピーした文字列を貼り付けて下さい。ラベルは自由につけられますので分かり易く「Cryptopia」と入力することをお勧めします。「利用可能」の欄に送金したい金額を入力して「提出する」をクリックして下さい。

f:id:kennosukemiura:20171228210624p:plain

 

 以上でBinanceからCryptopiaにBitcoinの送金が出来ました!

 

CryptopiaでのBitcoinでのPublicaの購入

  まずはCryptopiaにちゃんとBitcoinが送金されたかを確認します(送金に時間がかかることもあるので・・・)。トップ画面右上のBalancesをクリックします。

f:id:kennosukemiura:20171228204446p:plain

 

 送金の時と同じく、Bitcoinを探して「Available」の箇所に送金した金額が入っているかを確認します。反映されていない場合は少し時間を置いてからもう一度確認して下さい。

f:id:kennosukemiura:20171228211708p:plain

 

 画面右上の「Exchange」→「Markets」をクリックして下さい。

f:id:kennosukemiura:20171228212007p:plain

 

 画面右上の検索欄に「Publica」と入力してPBLをクリックして下さい。

f:id:kennosukemiura:20171228212412p:plain

 

  画面左下の赤枠部分で購入が出来ます。

f:id:kennosukemiura:20171228212722p:plain

 

 Totalの欄に購入したい金額(Bitcoin立て)を入力し、Priceで単価を決めてAmountで購入するPublicaの量を確認して「Buy PBL」をクリックします。

※基本的に「Amount」などの文字をクリックすれば解決します。

f:id:kennosukemiura:20171228212859p:plain

 

 以上でPublicaの購入が完了しました。取引が完了するとBalancesに反映されますので確認してみて下さい!

publica.io

仮想通貨と法定通貨を管理できる銀行Bankeraとは?

けんのすけです!

f:id:kennosukemiura:20171213191356p:plain

 2017年はBitcoinなどの仮想通貨(暗号通貨)が一般の人も投資目的で売買し始める年となりました。

 そして2018年は、実際に一般の人が仮想通貨で買い物や送金を行う年になると僕は考えています。つまり仮想通貨と法定通貨(円など)が混在する社会になると予想しています!

 

 また、皆さんは仮想通貨をどのように管理されているでしょうか?恐らく取引所(BitflyerやCoincheckなど)に置いているか、ウォレット(BlockchainやBit coreなど)に保管している人が大半でしょう。USBに保管して仏壇の裏に隠している人もいらっしゃるかもしれません。複数の管理方法を並走させていて、自分の資産の全体像が不鮮明になってしまっている人もいることと思います。(僕です。笑)

 

 しかし冷静に考えると、自分のお金を取引所(要は他人)やウォレット(要は財布)やUSB(要は金庫)に預けておくのは不安&不便ではないでしょうか。僕は凄く不安&不便です。

 事実、取引所が停止して仮想通貨の売買が出来なくなったり、ウォレットがハッキングされて仮想通貨が盗まれたりしたニュースは、皆さんも記憶に新しいのでは無いでしょうか?

 

 そこで自分の貯金を仮想通貨と法定通貨の間で簡単に行き来させられたり、システムが停止したり仮想通貨が盗まれたりするリスクを減らすことを目的として、Bankera(バンクエラ)という仮想通貨時代の新しい銀行を設立するプロジェクトがスタートしました。

bankera.com

 私は既にBankeraで口座を開設し、ICO(銀行設立のための資金提供的なこと)にも参加しましたので、Bankeraについて(私見多めですが)まとめました。

 

 

そもそも仮想通貨って銀行がいらなくなるんじゃ?

 

 仮想通貨を推奨する人はよく「銀行による中央集権化が解かれて~~個人による分散管理が~~」的なことを言っていると思います。

 このため、仮想通貨時代の銀行”Bankera”に対して「あれ?仮想通貨時代に銀行は不要になるんじゃなかったの??」という疑問が生じる人もいらっしゃるのかなと感じます。

 

 確かに、この社会の通貨が全て仮想通貨に変わり、かつ安心できる保管方法が生み出されれば仮想通貨時代に銀行は必要無いかもしれません。ですがそのためには、田舎に住む僕のお祖母ちゃんも仮想通貨を使いこなし、日本円を作っている日銀を潰し、メガバンクと同じくらいお金を預けて安心なお金の保管方法が必要になります。

 

 このような未来が来るのは流石にしばらく先の話では無いでしょうか?僕はそう思います。

 

 となると僕は、これからしばらくの間は取引所よりも仮想通貨と法定通貨を簡単に行き来させることが出来て、ウォレットよりも安心して仮想通貨が保管出来て、USBよりも安全に管理できる新しい何かが必要になってくると考えていました。

 そんな時に巡り合ったサービスが”Bankera”でした。

 

f:id:kennosukemiura:20171216181103p:plain

結局Bankeraって何が出来るの?

 

 Bankeraのサービスを活用すれば、将来的に大きく下記3つのサービスを受けることが出来るそうです。

1.支払い

 お金を預けて、取り出す。これがインターネットでもATMでも可能になります。そして日本円で入った給料をBitcoinに変えて海外の友人に送金したり、普段の貯金は全て仮想通貨に変えて保管しつつ、必要な分だけ日本円に変えて取り出すことも可能です。

 

2.ローンと預金

 Bankeraは仮想通貨を含めた投資を行う予定ですので、単純にお金を預けておくだけで日本のメガバンクよりは高利回りの配当を受けることが出来るそうです。つまりBankeraに日本円の給与を送り、全て仮想通貨に変えれば仮想通貨の価値が上がることによる利益とBankeraの配当による利益の二つを得れるということですね!(感覚的には)

 

3.投資

 仮想通貨や投資信託を組み合わせた安定的な投資サービスも受けられます。個人向けに多数の低コストな商品も提供される予定とのことです。

 

ぱっと見凄そうですが、冷静に考えると普通の銀行とサービス概要は同じですね!!笑

 

今、Bankeraで口座を開設するメリットって何?

 Bankeraのサービスはまだ始まっていません。ですので「じゃあサービスが始まってから、様子を見て利用した方が良いんじゃない?」という意見もあるかと思います。当然サービスが始まってみたら実は嘘ばっかりで全然使えないサービスだった!というリスクは存在します。ですが早期に口座を開設するメリットも存在しますので、下記にまとめました。

  

ICOに参加し、超安値でBankeraの作った仮想通貨を買える。

 ICOとは、簡単に言うとBankera銀行を設立するための資金を集めるために、将来有望な仮想通貨を新しく作ってサービス開始前に超安価で買ってもらい、資金を調達する方法のことです。

 BankeraはBNKという新しい仮想通貨を作り、それをBitcoin等で買ってもらうことで資金を調達しているのです。(仮想通貨の世界では超一般的です!)

 このBNKという新しい仮想通貨ですが、今買うメリットが2つあります。

  1. 将来BNKの価値が上がったら今より高く売れる。
  2. BNKを所持しているだけで毎週配当金を貰える。

 1は一般的な話ですので2について詳細を記載します。

 

 BankeraはBNK所有者に対して、Bankeraが得た純利益の20%を還元すると言っています。その20%の純利益を所有しているBNK分だけ按分されます。

 例えば発行されたBNKが100BNKで、今週のBankeraの純利益が100万円だったとします。この時僕が5BMK所有していたら

 

100万円 × 20% × 5/100 = 1万円

 

ということで翌週に1万円分のEthereumが貰えます!

 

 ちなみに約20万円分のBNKを買った僕が、2017/12/13に初めて貰ったEthereumは0.003ETH(約200円)でした。笑 サービス開始前ですから仕方ないですね。

f:id:kennosukemiura:20171213182104p:plain

 

 また、BNKの値段はICOの期間内でも値上がりが発生します。BNKの発行数が多くなると、1BNK当たりの購入単価が上がるのです。つまり早く買った方が安くBNKを手に入れられます。

f:id:kennosukemiura:20171213192512p:plain

 しかし僕は他のサイトと違い、「だから早めに口座を開設した方が良いですよ!」と単純に言ったりはしません。

 上の表のBNKの値上がり幅よりも仮想通貨の運用で稼げる自身がある人は口座だけ開設しつつBNKを買わずに放置しておいても良いでしょう。口座だけ開設をして、しばらく様子を見てから投資を始めるのも一手だと思います。(僕は買いましたけど笑)

 

仮想通貨を安全に保管できる。

 Bankeraは銀行です。しかしサービス内容だけ見ると、鋭い人は「デビットカードと一緒じゃないの?」と思われるかもしれません。しかし仮想通貨の保管場所としての安全性が異なります。その安全性も買われて、将来的に例えば住宅ローンをBankeraから支払うことも可能にすると言っています。

 現在、日本で利用できるデビットカードでは、円滑な円と仮想通貨の売買やATMを利用できたりするものは存在します。しかし例えば給与の振込先をデビットカードが提携しているウォレットにしてほしい!といった願いは論外でしょう。(ウォレットは財布ですからね・・・)

 Bankeraを用いれば、近い未来に円で振り込まれた給与を仮想通貨に変えて保管し資産運用を行い、そこから必要な分だけ適宜安い手数料で円に変えて私生活やローンに当てるといったことが可能になるのです!

 

日本語対応されていて、サポートも充実している。

 多くの仮想通貨サービスは日本語対応が追い付いていなく、多くの日本人はBitflyerやCoincheckとった国内の取引所内で仮想通貨を運用するに留まってしまっています。しかしBankeraはしっかりと日本語対応されていて、かつ日本人管理者が運営しているオフィシャルな日本語のチャットページが存在します!

 

f:id:kennosukemiura:20171213194015p:plain

 

 お金を預ける場所ですから、こういったサポートが充実しているのは安心ですね!

 

Bankeraのデメリットって何かないの?

 個人的にBankeraのデメリットは2点あると思います。

  1. ICOの規模が大きすぎて、資金調達率が微妙。
  2. 口座口座開設のためにウォレットを開設しなければならない。

 1はBankeraが現在世界各地でICOを用いて資金調達を図っているのですが、期日までに資金が集まるか微妙という事です。11/27に開始したICOですので、このブログ執筆時点でひと月もたってはいませんが資金調達率は1/5です。

f:id:kennosukemiura:20171213201316p:plain

2017/12のある時点の資金調達率

 

 資金が集まらなかったところで、Bankeraのサービスが無くなる訳では無いですが、開始時期の後ろ倒しなどは起きてしまうのでは無いかと思っています。

 期日は2018/2/28ですので、それまでに集まるかが個人的に不安です。

 

 2は、実際にBankeraで口座を開設するためには事前にSpectrocoinというウォレットを開設する必要がある点です。

f:id:kennosukemiura:20171216192027p:plain

 実はBankeraはSpectrocoinというウォレットサービスをベースに設立されようとしています。そのため、Bankeraの発行するBNKは現時点ではSpectrocoin上で購入し、Spectrocoinに保管する必要があるのです。

 他のICOを用いた仮想通貨やデビットカードサービスも、基本的に全てこのウォレット開設プロセスが最初に存在するので仕方ないですが面倒と言えば面倒ですね。

 

今後のロードマップを教えて!

 Bankeraは2018年2月にICOによる資金調達を終えた後に、仮想通貨取引所(CoincheckやBitflyer的なサービス)を公開すると言っています。そして2019年に銀行としてのサービスを展開するようです。

 仮想通貨取引所としてのサービスレベルがどうなるかが現時点では不透明ですので、ICOに参加する場合は2019年に開始するBankera銀行サービスに投資することだと個人的には考えています。個人的にはかなり先の話だなと思ったので、とりあえず口座を開設し、少額のBNK(20万円ほど)を購入したので、しばらく放置しておくつもりです。笑

 

f:id:kennosukemiura:20171213203822p:plain

 

 

他にBankeraと似たサービスは無いの?

 何をもって”似た”と表現するかですが、”仮想通貨時代の銀行を作る”と明言しているサービスは現時点で他には無いと思います。(あれば教えて下さい!)

 ただ、Bankeraによるサービスの構想の一部を担っているものは既に沢山存在しています。仮想通貨の取引所やデビットカード・ウォレットのみが欲しい場合はわざわざBankeraで口座を開設する必要は無いと思います。また、仮想通貨は一時的なバブルであり、将来的に消えゆくと考える人はBankeraで口座を持たなくても良いと思います。

 ただ、将来的に一部の仮想通貨が安定した価値を持ち、私生活やビジネスでも活用される時代が訪れるのでは無いかと思う人は、開設しておくべきだと思います。

 個人的には現在存在する1,000を超える仮想通貨全てが一定の価値を保つ時代が来ることは無いと思います。(明らかに機能が被っていますし、実用性では無く投機性で皆が仮想通貨を買っていると思うので)しかし一部の仮想通貨は当たり前のように私生活やビジネスに溶け込む時代が来ると予想しているので、僕はBankeraで口座を開設しました。

 

まとめ

 以上のBankeraの概要と僕の私見を踏まえて「とりあえずBankeraで口座を持ちたい!」と思う人は下記から開設してみて下さい。(持つだけなら無料ですし変なメールも来ません。)

 仮想通貨の世界は先行優位性がものをいいます。事実Bitcoinは送金手数料も高く、送金にかかる時間が長いにも関わらず一番最初の仮想通貨だからという理由で現在基軸通貨として順調に価値を伸ばしています。Bitflyerは扱える仮想通貨種類も少なく、取引手数料も高いにも関わらず一番最初の日本の仮想通貨取引所だからという理由で現在国内で最も扱い額の大きい取引所になっています。

 将来”仮想通貨を扱う銀行が必要になる時代がくるのでは?”と思う人は、現時点から投資をしても良いのではないでしょうか。

 

 Bankeraでの口座開設に興味がある人は こちらからSpectrocoinウォレットを開設して、BNKを購入してみて下さい。

spectrocoin.com

 Bankeraのホームページはこちら